Continue Reading
Blog PvP Builds Videos

ESO3.3 Stamina NB 1vX build 暫定

Plague Slinger (疫病の運び手)を使った、両手剣と弓のオーソドックスなビルドです。やはり両手剣の死刑執行人(Executioner)とRally(扇動)は優秀すぎる。

装備

Plague SlingerとTroll king以外はなんでも良いです。

*訂正
弓側をこのへんの5セットで組むと良さそう。

  • Ranger’s Gait(レンジャーの足どり)
  • Senche’s Bite (センチの牙)
  • Shield Breaker (シールドブレイカー) ファンレターまったなし
  • Vicecanon of Venom (バイスカノンの毒)(Shadowy Disguise(偽りの影)を使ったうえで)

この組み合わせもいいのですが欠点があって、弓側でもPlague Slingerが発動してしまい、近接でのバーストに合わせられない。

(*弓に毒をしこんでいるにもかかわらずInfusedなのは、めんどくさくて変えていないだけなので、気にしないでください。)

戦い方

ヒット&アウェイが基本です。蜂のように舞い蜂のように刺す!(ちょっと違うか)

まずはULTやAssassin’s Scourge(暗殺者の懲罰)がたまるまで弓で戦います。相手に間合いを詰められないように弓には鈍足毒を使用し、近づいてきたらドッジやクロークでかわします。

頃合いを見計らって

  1. Ambush(待ち伏せ)
  2. Incapacitating Strike(拘束攻撃)
  3. Assassin’s Scourge(暗殺者の懲罰)
  4. うまくいけばPlague Slingerも発動
  5. Surprise Attack(不意打ち)
  6. 死刑執行人(Executioner)

てな具合です。

うまい相手はAmbush(待ち伏せ)で近づくと、ブロックやドッジロールで次の攻撃をかわそうとするので、うまくタイミングをずらして Incapacitating Strike(拘束攻撃)をうつか、Mass Hysteria(集団恐慌)をつかいましょう。

またフルチャージのヘビーアタックをまぜてスタミナが切れないようにしましょう。Dark Cloak(ダーククローク)からの弓フルチャージは、相手の反撃をうけずにうてるので、非常に便利です。

参考動画

#1の動画の最後で大立ち回りを演じていますが、この数の相手をするビルドではないのと、相手キャラのCPやLVが低かったからできたのであって、(味方にテンプラーいましたが)普通は速攻死にます。